交通事故をすぐに解決【むち打ちになったら専門家に相談しよう】

自動車事故の損害賠償

早めに法律事務所に行こう

事故車

自動車を運転していて、交通事故が発生した場合は早急に弁護士に法律相談をする事をおすすめします。その理由は、早期に弁護士に相談をすることによって、的確な損害賠償の範囲を確定してくれるからです。一方で当事者同士で不用意に示談が成立してしまうと、適切な損害賠償が不可能となるケースがあります。また、むち打ちは事故の後に痛みが発生するケースが多いです。そのため、示談ではこのような後遺障害の賠償金を請求できなくなる可能性があります。弁護士に相談をする場合は、交通事故の状況を正確に説明をしましょう。交通事故の際に、自己に不利な事情があったとしても、弁護士に嘘の報告を行わない点が重要です。もしも弁護士に嘘の説明をしてしまうと、民事裁判で敗訴になる可能性が高くなるからです。また、交通事故の法律相談は市役所や弁護士会館において無料で行われている事があります。この場合、事前の予約が必要となる所が多いために、不明な点があるときは事前に問い合わせをすると良いでしょう。また法律相談をする際は、事前にインターネットを活用して、交通事故紛争に強い弁護士を探すようにしましょう。交通事故紛争に強い弁護士は、不利な状況であっても証拠を見つけて裁判で有利となる可能性が期待できます。また弁護士を選ぶときは、自分の話を丁寧に聞いてくれる人をお勧めします。話を聞いてくれる事によって、安心感が得られます。また話を聞いてくれる弁護士が相手の場合は、説明不足となる心配が少なくなります。

直ちに依頼するのがベスト

事故

交通事故の被害に遭った際、相手との示談を保険会社に任せるよりも弁護士に依頼した方が、より多くの慰謝料を得ることができます。このことは、保険会社が慰謝料を算出する保険会社同士で取り決めをした任意保険基準よりも、弁護士が慰謝料を算出する過去の判例に照らし合わせた裁判所基準の方が高い基準であることに由来しています。よって、交通事故の被害に遭ったのならば、直ちに弁護士に依頼するというのがベストの選択であり、電話かメールで、その旨を伝えるべきです。直ちに依頼をすれば、ほぼ、すべての手間を弁護士が請け負ってくれます。仮に、示談が不成立となり、訴訟になったとしてもです。時には、自ら動かなければならないこともありますが、それは指示に従うだけで良いのです。ただ、自ら準備しておいた方が良いものもあります。それは、弁護士費用特約です。この特約は任意保険の特約で、弁護士費用を保険会社が負担するというものです。交通事故に関する弁護士費用は平均すると80万円くらいだと言われています。80万円も支払ってしまうと、多くの慰謝料が得られたとしても、実際には少額しか得られないことになってしまいますから、万一に備えて、弁護士費用特約は是非とも付けておきたい特約です。1つ注意すべきは、交通事故問題を得意とする弁護士に依頼すべきだということです。そうしなければ、スムーズに事が進みませんし、裁判所基準の慰謝料を得られない可能性も大いにあります。よって、弁護士選びは重要なのです。

裁判以外でも相談できます

割れたハート

夫婦が離婚を考えている時は、まず協議離婚といって夫婦で話し合いを行います。それで合意に達しなかった時には、家庭裁判所で調停を行います。調停で合意に達しない時は、裁判での離婚となります。この時には弁護士が必要になります。しかし裁判の時だけでなく、協議離婚や調停であっても、弁護士に依頼することで、色々とアドバイスをもらえます。もちろん、その場合には費用が発生します。離婚裁判の弁護士は、やはり離婚専門の事務所に依頼するようにしましょう。弁護士にはそれぞれ得意分野があります。たとえば交通事故の示談や、債務整理を得意する事務所もありますので、そういう弁護士に依頼するよりは、最初から離婚専門の事務所に行って相談し、アドバイスをもらうのが賢明な方法といえます。離婚専門弁護士に依頼する時は、まず夫婦の氏名をはじめとする個人情報や財産の状況、何が原因で離婚を考えているのかといったことや、子供がいる場合は、子供の名前や年齢などをメモして持参するようにしましょう。相談には時間制限があり、しかも多くの弁護士事務所では相談料が発生しますので、効率よく相談してアドバイスをもらうには、あらかじめ言うべきことの下準備をしておくのがお勧めです。また、意外に思えますが、相手から離婚を切り出されたけれど、離婚したくないという時にも、離婚専門の事務所に相談するようにしましょう。この場合は如何に離婚させるかではなく、離婚させない方法をアドバイスしてくれます。特に相手に離婚の原因がある場合や、扶養家族がいる場合は、相談によってよりを取り戻せることも多いです。