交通事故をすぐに解決【むち打ちになったら専門家に相談しよう】

納得できる賠償金を求めて

賠償金請求は弁護士へ

ジャッジガベルと模型

交通事故の被害に遭うケースでは、後遺障害になってしまう人も多いです。後遺障害には、頭部強打によるめまいやむちうちなどが挙げられます。これらは、症状が長引く場合も考えられ、障害による支障もはかり知れません。交通事故では加害者側の保険会社が示談を求めて賠償金を提示してきますが、後遺障害に見合っていないことも少なくないのです。このため、弁護士にこのような相談件数が増加しています。後遺障害は先のことも考えなければ、思わぬ負担を生み出してしまう場合もあります。弁護士事務所では交通事故に関する相談にも対応しており、保険会社との交渉を重ねて円滑に賠償金請求を行っていきます。交通事故件数は年々減少してはいますが、それでも事故による被害は少なくなりません。特に後遺障害に関しては、相手側の保険会社にその負担をなかなか理解してもらえないこともあり、泣き寝入りしてしまう事態も出てきます。相談を依頼された弁護士は、被害者に代わって交渉を行ってくれるのでその場に同席しなくても問題ありません。後遺障害で体が動かしづらくても弁護士が代わりに賠償金請求を行うために、安心して依頼ができます。この交渉で納得できる賠償金が得られない場合は、弁護士が裁判手続きに入ります。弁護士に相談することで得られる賠償金の額は、保険会社が提示する額とは大きな差が生まれます。弁護士の相談にかかる費用も、得られる賠償金に比べればそこまで負担にはなりません。交通事故で後遺障害に苦しんでいる場合には、弁護士への相談がおすすめです。

付けておきたい特約

模型

交通事故の被害に遭った際、弁護士は非常に頼りになる存在です。例えば、自分に何ひとつ責任がない交通事故、いわゆる、もらい事故の被害に遭った場合、任意保険に加入していても保険会社は示談代行ができないことになっています。しかし、弁護士ならば示談代行ができます。自分で示談に臨むことは、精神的に辛いことです。そればかりか、慰謝料が満足な額にならないことも多々あり、最悪の場合、慰謝料がもらえないということもあります。従って、もらい事故被害に遭った時は弁護士に示談代行を依頼することが良い判断なのです。また、保険会社が代行する示談よりも、弁護士だ代行する示談の方が、多くの慰謝料をもらえることになります。その理由は、慰謝料の算出基準が保険会社と弁護士とでは異なり、弁護士の方が高い基準で慰謝料を算出しているからです。このように、交通事故被害者にとって弁護士は非常に頼りになる存在なのですが、一方で問題もあり、それは弁護士費用です。弁護士費用には仕事を依頼する時に支払う着手金、仕事が終わった時に支払う報酬金があり、その他にも日当や実費等を支払わなければならないことになります。従って、弁護士費用は多額になってしまい、交通事故に関する弁護士費用は、平均すると80万円くらいはかかるとされています。慰謝料を多くもらえたとしても、そのために80万円もかかってしまうのであれば、弁護士に依頼することは考えてしまいます。しかし、この問題は任意保険の特約にある、弁護士費用特約を付ければ解決します。弁護士費用特約とは、弁護士費用を保険会社が負担するという特約です。負担する額には限度がありますが、一般的に限度額は300万円程度に設定されていますので、弁護士費用特約を付けておけば、安心して弁護士に依頼することができます。

ときには法律家にも

女性

借地や借家に関する問題は専門的なので、困ったことや心配なことがあったら、すぐ専門家に相談することが大切です。紛争に発展しそうな案件に関しては、弁護士などの法律専門家が相談に乗ってくれます。各弁護士会では、借地借家相談会などを設けていることがあり、相談料も一時間数千円程度と安いです。借地や借家の問題を放置すると、賃貸人と賃借人間のトラブルが深刻になり、紛争解決が長期化するおそれもあります。そのため、心配なことが起こったら、なるべく早く専門家に相談することが大切です。借地や借家のトラブルとしては、賃料の支払いがないとか、賃料の増額をするにはどうしたらよいかとか、賃料をめぐるものが多いです。また、契約解除に関する相談も多くあります。借地や借家に関するトラブルを未然に防止するには、契約する段階できちんと契約書を作成し、お互いに納得の上、契約を交わすことが大切です。契約書を作成する段階で、一文ずつ読み合わせをするなど、工夫するようにしましょう。丁寧な契約がのちのトラブルを予防します。さらに、物価の変動によって賃料が変わりうることも、事前に確認しておくと良いです。トラブルがこじれて裁判になると、弁護士費用も高額になるなど問題が大きくなるため、両者の話し合いによって円満に解決させる条項を入れておくと安心です。こうした工夫をしても、トラブルを避けられないような場合には、法的に自分の主張が通るのかどうか、弁護士に相談してみましょう。